DSC_1491

がんだーらの岩盤浴「12の薬石」の効用


岩盤浴の遠赤外線(育成光線)と、低線量ホルミシス効果?!

こんにちは。急に寒くなりました。

岩盤浴季節、到来?

(がんだーら)の岩盤浴の石は、世界9ヶ所で集められた

⭐11の鉱石(長期に渡り、石に蓄積された育成光線〈遠赤外線〉が皮膚から浸透して、皮下組織の内側に巡り、身体を芯から温め血液循環を良くして、新鮮な酵素を取り込み、新陳代謝を良くする)

&

⭐セラミックボール(鉱石を粉砕して高温、高圧で固め、丸くして360度に遠赤外線を放射させる)

の細かな12の薬石が、マイナスイオン効果のある檜の上にバランス良く敷かれています。

そして、電気仕掛けのコントローラーで温度調節をするドーム型岩盤浴です。

なので、マンションの一室でも清潔にゆったりと、ご利用頂けます。

また、地熱を利用した天然岩盤浴(秋田の玉川温泉など)でも放射されている低線量ホルミシスが

「低いレベルの放射線は、免疫力をもたらし、生殖力が増え、老化を抑える」

との学説もあります。

やはり、長時間に渡り、少しずつ使用することが結果につながるようです。


0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です